「非戦・平和 平井真人 YUGAFU・世果報-蔓草の杜- 沖縄から~世果報を祈る現代型染の世界」【前期】2017年5月2日(火)~28日(日)【後期】6月1日(木)~25日(日)


 「非戦・平和 平井真人 YUGAFU・世果報-蔓草の杜- 沖縄から~世果報を祈る現代型染の世界」

●会 場 しんらん交流館1階交流ギャラリー

●時 間 【平日】午前9時~午後7時、【土日祝】午前9時~午後5時

●期 間 (前期)2017年5月2日(火)~28日(日)、(後期)6月1日(木)~25日(日)
※期間中、ギャラリートーク:5月16日(火)18時~18時30分、平井さんが講師のしんらん交流館公開講演会:5月16日(火)18時30分~20時を行います。是非、こちらにもお越しください。
世果報展チラシ5.2-6

「布は人の誕生から亡くなるまで暮らしに密着し、その身体を守る穏やかな存在であるとともに、色を染めることによって、場の雰囲気を作り出す便利なものです。しかし、布があるところには、支配者と被支配者の階級制度がつくられ、中世では過酷な貢納布として、近代では、染を施し征するための国旗や軍服として為政者に変貌させられ人々を苦しめた代物である。」

その一方で、

「京都で学んだ染色は、技術を中心に発展し、明治以降は西洋に傾倒した富国強兵によるアジアへの侵略、第1次世界大戦の化学産業の興隆を背景に染料開発と繊維産業が躍進し、現代日本の美意識や制度の素地を作ったものである。」

とも語る平井さん。

このたびの展示では、日常にとけこんでなかなか意識されていない『布』の持っている歴史的背景に焦点を当て、布に染められた蔓草(つるくさ)の絡み合う模様から非戦・平和を考えたいと思います。

あわせて、平井さんの手仕事による暮らしを考える活動に賛同し、その場である茅葺き「ゆがふ舎」に集う学生・会社員・主婦・芸術家など、多様な人びとの作品

「ゆがふ舎」展-茅葺き「ゆがふ舎」復元に集う人びとの作品-

を展示します。

ゆがふ舎

Related Posts

いのちのかたち作品展 2017年9月6日(水)~25日(木)【観覧無料】

いのちのかたち作品展 2017年9月6日(水)~25日(木)【観覧無料】

震災チャリティーグッズ「松のしおり」を自販機で販売【高山教区より】

震災チャリティーグッズ「松のしおり」を自販機で販売【高山教区より】

【第27回しんらん交流館公開講演会2017/9/13(水)18:30~20:00開催】講師 高橋源一郎さん(作家)

【第27回しんらん交流館公開講演会2017/9/13(水)18:30~20:00開催】講師 高橋源一郎さん(作家)

立体感のある仏花の立て方【坊守さん方の仏花学習会からコツをご紹介(岡崎別院)】

立体感のある仏花の立て方【坊守さん方の仏花学習会からコツをご紹介(岡崎別院)】

あるものでごちそう!山菜を使ったお斎が生み出す柔らかな法話会【三条教区より】

あるものでごちそう!山菜を使ったお斎が生み出す柔らかな法話会【三条教区より】

絵本の魅力~みて・きいて・たのしんで~2017年7月10日(月)~8月31日(木)【観覧無料】

絵本の魅力~みて・きいて・たのしんで~2017年7月10日(月)~8月31日(木)【観覧無料】

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です