私が三十代に入った頃、和田稠先生のお話をよく聴かせていただ…
Continue Reading