浄土にて  かならずかならず   まちまいらせそうろうべし …
Continue Reading