ほとけの子 彼岸会

毎年、太陽が真東から上がり真西へ沈む「春分の日」と「秋分の日」を中心とするそれぞれの七日間を、「彼岸会」としてお勤めする仏教の行事として行っております。阿弥陀如来のおられるところを「西方浄土」として表しておりますが、太陽が真西に沈む時節を縁として勤めます。

彼岸会は、インドや中国では習慣がなく、日本だけで行われています。そして、起こりは聖徳太子のころであるといわれております。

私たちにとってはお寺にお参りし、仏教のお話を聞いて、日ごろの自分の生活の姿を見つめ直す大切な時間です。

「ほとけの子」 春・秋のしおり 彼岸会