研究職員紹介
研究員    【真宗学】

中山 善雄
Nakayama Yoshio

【研究領域・関心】
『観無量寿経』・『教行信証』化身土巻・現代思想

教学研究所では、差別問題研究、教化伝道研修の担当をしています。主な関心は、真宗学における機と法の関係です。自我関心が法(本願)を私有化することにより起こる現実の様々な問題(例えば差別構造や抑圧など)に学んでいます。

【経歴】

1976年埼玉県生まれ。早稲田大学理工学数学科卒業。金融関係の企業勤務、大谷専修学院指導補を経て、現職。

【最近のイチオシの一冊】
ライナー・マリア・リルケ
『若き詩人への手紙・若き女性への手紙』

(新潮社、1953年)

【所属学会】

真宗教学学会

【主な執筆】
論文

「宗教的秩序と罪業観からの解放-真宗顕開の志願-」(『教化研究』第165号、2019年)
「第三十五願のこころ――厭悪と唯除」(『教化研究』第164号、2019年)

 

対談

「落ちても、たぶん、大丈夫。そう思える自分になれるか…。」
(『同朋』2017年4月号*特集「就活に向き合う」対談)

研究職員一覧 >