教えにふれる
読む(⽂章)

 
しんらん交流館

教学研究所

             

2021年01月12日

【教学研究所長コラム】愚者になりて往生す──漂流と帰郷

愚者になりて往生す──漂流と帰郷(楠 信生) 新型コロナウイルスと人間 九年前、二〇一一年三月十一日、東日本大震災の惨状 […]

PICK UP

             

2021年01月05日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】現実を歩む勇気をいただく

 現実を歩む勇気をいただく 著者:一楽 真(小松教区宗圓寺住職・大谷大学教授) 親鸞聖人は、ご自身を「愚禿」と名のってお […]

 
しんらん交流館

『聞』

             

2021年01月01日

【教学研究所コラム 聞】「東本願寺の消防を担った人々」

「東本願寺の消防を担った人々」 (松金 直美 教学研究所助手)   東本願寺の所在する都市京都は近世以来、度重 […]

教えにふれる読み物

             

2020年12月25日

真宗人物伝〈27〉安丸良夫【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から2019年12月にか […]

教えにふれる読み物

             

2020年12月22日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】供養するとは

 供養するとは 著者:園村義誠(奥羽教区來生寺住職) 法事にお参りしたお宅で「こうして法事を勤めることができて、亡くなっ […]

 
しんらん交流館

宗祖の言葉に学ぶ

             

2020年12月18日

【教学研究所コラム 宗祖の言葉に学ぶ】難思の弘誓は難度海を度する大船、 無碍の光明は無明の闇を破する恵日なり。

難思の弘誓は難度海を度する大船、 無碍の光明は無明の闇を破する恵日なり。 (『教行信証』総序、『真宗聖典』一四九頁) 新 […]

 
しんらん交流館

『聞』

             

2020年12月10日

【教学研究所コラム 聞】「執着をこえて」

「執着をこえて」 (安藤 義浩 教学研究所嘱託研究員)   安冨信哉前教学研究所長が大谷大学教授時代、世界のさ […]

 
しんらん交流館

宗祖の言葉に学ぶ

             

2020年12月10日

【教学研究所コラム 宗祖の言葉に学ぶ】大無量寿経 真実の教 浄土真宗

大無量寿経 真実の教 浄土真宗 (『教行信証』『真宗聖典』一五〇頁) 二〇二三年、真宗大谷派では「宗祖親鸞聖人御誕生八百 […]

 
しんらん交流館

ハンセン病はいま

             

2020年12月09日

ハンセン病はいま<271>ハンセン病問題から考える新型コロナウィルス感染症①

ハンセン病問題に取り組まれる方々に、様々な視点から新型コロナウイルス感染症にかかわる現状と課題について、全4回ご執筆いた […]

教えにふれる読み物

             

2020年12月07日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】仏の御名をきくひとは ながく不退にかなうなり

仏の御名をきくひとは ながく不退にかなうなり 法語の出典:「浄土和讃」(『真宗聖典』481頁) 本文著者:中島善亮(奥羽 […]

真宗教化センター

  • 寺院活性化支援室
  • 青少幼年センター
  • 教学研究所
  • 大谷婦人会
  • 解放運動推進本部
  • 女性室

調べものに

  • 図書:検索
  • 聖教:検索
  • 法話:検索