教えにふれる
読む(⽂章)

 
しんらん交流館

教えにふれる読み物

             

2022年01月01日

【教学研究所コラム 聞】「たずねきたらしめたまう御こころざし」

たずねきたらしめたまう御こころざし(松林 至 教学研究所嘱託研究員) 学生を終え、生まれ育った三河に戻った年の初夏、京都 […]

 
しんらん交流館

教学研究所

             

2022年01月01日

【教学研究所長コラム】仏法を示すこと仏のごとくせん

仏法を示すこと仏のごとくせん(楠 信生)   立教開宗の願いに帰る 宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要 […]

教えにふれる読み物

             

2021年12月21日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】縁起

 縁起 著者:大江憲成(日豊教区觀定寺住職・九州大谷短期大学名誉学長) 日頃、縁起という言葉をよく耳にします。 &nbs […]

教えにふれる読み物

             

2021年12月07日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】回心というは 自力の心を ひるがえし すつるをいうなり

回心というは 自力の心を ひるがえし すつるをいうなり 法語の出典:「唯信鈔文意」『真宗聖典』552頁 本文著者:宮部  […]

 
しんらん交流館

教学研究所コラム

             

2021年12月01日

【教学研究所コラム 聞】「人との出会い」

人との出会い (名畑 直日児 教学研究所研究員) 毎月、滋賀県で開かれる、ある聞法会に参加している。午前中は、かつてその […]

ハンセン病はいま

             

2021年12月01日

ハンセン病はいま<286>療養所を訪ねて

療養所を訪ねて⑪沖縄愛楽園 「真宗大谷派ハンセン病問題に関する懇談会」第6連絡会委員 徳元 尚太  10万人当たりの新型 […]

 
しんらん交流館

教えにふれる読み物

             

2021年11月23日

【教えにふれる読み物(報恩講)】  報恩講さまと私

報恩講さまと私 著者:西川和榮(大阪教区第二十一組 願正寺門徒)()  少しずつ歩くことを憶(おぼ)えた幼(おさ)な児( […]

 
しんらん交流館

教えにふれる読み物

             

2021年11月09日

【教えにふれる読み物(報恩講)】報恩講であいましょう

「報恩講であいましょう」 著者:田村晃徳(東京教区茨城二組 専照寺候補衆徒)() 「今年もあの時期か…」。毎年、季節が秋 […]

 
しんらん交流館

教学研究所

             

2021年11月01日

【教学研究所コラム 聞】「真実・方便ということ」

真実・方便ということ (楠 信生 教学研究所長) かつて、ある先生から、「方便」のサンスクリット語「ウパーヤ」について「 […]

ハンセン病はいま

             

2021年11月01日

ハンセン病はいま<285>療養所を訪ねて

療養所を訪ねて⑩奄美和光園 「真宗大谷派ハンセン病問題に関する懇談会」第5連絡会委員 福田 恵信 ■南の島との交流  鹿 […]

真宗教化センター

  • 寺院活性化支援室
  • 青少幼年センター
  • 教学研究所
  • 大谷婦人会
  • 解放運動推進本部
  • 女性室

調べものに

  • 図書:検索
  • 聖教:検索
  • 法話:検索