このたび迎える「立教開宗八百年」という節目においては、我々一…
Continue Reading