「しんらん交流館 公開講演会」は、「生・老・病・死」の問いを現場で考え、表現している様々な分野の方を講師に迎え開催しています。

このたび、2018年3月18日にお迎えしたフォトジャーナリスト 広河隆一氏の動画配信を突然停止しましたことについて、宗務総長のコメントを掲載いたしました。

親鸞聖人の教えに立ち返り、引き続きこのたびのことを受け止め、確かめる歩みを進めてまいります。

 

 

しんらん交流館ホームページ第33回しんらん交流館公開講演会

講演動画の配信停止について(お詫び)

 

 当派では、しんらん交流館ホームページに掲載していた、第33回しんらん交流館公開講演会における広河隆一氏の講演『福島とチェルノブイリ‐写真が教える私たちの課題‐』(2018年3月22日講演、同年4月11日配信開始)の動画を2020年5月7日に配信停止といたしました。

 これは、2018年12月に報道された広河隆一氏による「セクシャルハラスメント・パワーハラスメント問題」に起因するもので、視聴者からのメールによる指摘を受け、被害を訴えた方々の心情と立場を考慮して判断をしたものであります。

 ただし、その際、視聴者からの指摘に対して応答をしないまま、また停止の理由や問題の受け止めも表明しないまま、動画の配信停止に至っておりました。

 ここに、報道後の対応が遅れ、被害を訴えた方々や関係者への配慮に欠けていたこと、そして視聴者からの声との向き合い方に問題があったことを深くお詫び申し上げます。

 今後は、視聴者の声に改めて真摯に向き合い、しんらん交流館の使命を再確認しつつ、歩みを進めてまいる所存でございます。

【ハラスメント問題の受け止め】

 ハラスメントの問題は、当派におきましても当事者として受け止めなければならない深刻な問題です。私たちは誰もが、弱さや他者との比較による劣等感をもっておりますが、その弱さを認められず、弱い自分が露わとなることに怯えるがために、自らの力をたのみ、結果として、支配・被支配という関係に陥ってしまいます。

 このような私たちを、自力の迷心から救おうと誓われたのが、阿弥陀如来の本願です。私たちは、本願に目覚め、自らを罪悪深重の存在として自覚することが待たれているのであり、その目覚めによって、共に怯えから解放され、弱いままに安心して生きていくことのできる道が開かれると、親鸞聖人より教え示されております。その教えを、あらためて聞き開かねばならないと受け止めております。

 

 人間救済の課題が理に終わることなく、一つひとつの事柄に丁寧に向き合うことを通して取り組まれるべきであると、今回の問題から知らされました。このたび、動画配信の停止に際し、ハラスメント問題の受け止めを真宗の教えに尋ねつつ表明すべきところ、説明が欠けておりましたことを重ねてお詫び申し上げます。

2020年8月6日  

宗務総長 但 馬  弘

 

 


 

 【開催概要】

●開催日時 2018年3月22日(木)18:00~19:30

●講   師 広河 隆一さん(フォトジャーナリスト)

●講   題 『福島とチェルノブイリ』-写真が教える私たちの課題

●聴 講 料 500円

【メッセージ】
福島の原発事故から7年が経ちました。オリンピックムードに隠 れて、事故のことを忘れる動きが強くなっています。
でも、あの事故は、まだ終わっていません。そして私たちは次の事故に対してどう備えるべきかを考えるべきだと思うのです。日本では毎日のように地震が多発し、近く巨大地震が襲うというニュースが出ているのですから。
その為にも今、チェルノブイリと福島の原発事故から、何を教訓 として学ぶべきか考える必要があると思うのです。