11月26日から28日の3日間、毎年開催している親鸞聖人讃仰講演会は、大谷ホールでの聴講定員を最大200名とし、感染対策を十分に講じた上で開催いたします。

※講演の様子はインターネットにてライブ配信いたします。ただし、28日の藤田ジャクリーン氏の講演の配信はありません。

※新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、急きょ開催形態が変更となる場合があります。

 

※随時このHPにて情報を更新いたします。


 

期 日  :  2022年11月26日(土)・27日(日)・28日(月)

時 間  : 18時~20時30分(17時開場)

会 場 : 真宗教化センター しんらん交流館2階大谷ホール

聴講について  : 大谷ホールでの聴講定員は最大200名となります。

  

 


    

11月26日(土)   

   「親鸞聖人の人間としての魅力・その信仰の魅力」   藤田正勝氏(京都大学名誉教授)
   「「必至滅度」という往生-仏教における生と死-」  小川一乘氏(大谷大学名誉教授・真宗大谷派講師)

11月27日(日)

   「親鸞聖人の歩みに学ぶ」       金龍 静氏(元本願寺史料研究所副所長)
   「宗教的実存-二河譬と金剛心」    本多弘之氏(親鸞仏教センター所長・真宗大谷派講師)

11月28日(月)

   「末法を知る」            藤田ジャクリーン氏
   「往生の信心」            池田勇諦氏(同朋大学名誉教授・真宗大谷派講師)

   

 


   

【問い合わせ】

教学研究所

 電話:075-371-8750