岡崎教区第34組の組寺族研修として、寺院活性化支援室より橋本真氏(企画調整局参事)を講師に招いて、「文書伝道と寺院活性化について」の研修が行われました。

藤枝市の蓮生寺(熊谷祐介住職)を会場に、2024年4月16日午前10時から昼食を挟んで午後4時まで開催。午前の部は、文書伝道の概論について学び、午後は事前アンケートをもとにして、寺院活性化に関する説明を受け、質疑応答の時間が持たれました。

長時間の開催でしたが、会場からは、活性化の意義や考え方、施策の内容、活用方法など活発な質疑が出されました。また、今回は概論講義のみだったこともあり、寺報・チラシ・傾聴などのワークへの関心も聞かれました。


《文書伝道セミナー 出講します! 》

文書伝道の考え方や概論、作成方法(Word / Powerpoint / 手書き)、寺報、案内チラシ、ポスター、掲示法語、発信文書の作成ワークなど、それぞれのニーズにあわせて講座を組み合わせることができます。
現在、教区主催や有志主催などさまざまな形態で開催しております。

まずはお気軽におたずねください!

企画調整局 寺院活性化支援室

075-371-9208

E-mail: kikaku@higashihonganji.or.jp

『文書伝道マニュアル−寺報・掲示板・案内チラシ−』はこちらよりPDF版をダウンロードできます。紙の冊子をご入用の方は企画調整局までおたずねください!


(企画調整局寺院活性化支援室)