教えにふれる
読む(⽂章)

教えにふれる読み物

             

2015年04月21日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】御仏事の営み「報恩講」

1994(平成6)年 真宗の生活 11月 <御仏事の営み「報恩講」> 報恩講という集会は浄土真宗を象徴する独自のものと言 […]

教えにふれる読み物

             

2015年04月20日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】生命の讃歌「正信偈」

1994(平成6)年 真宗の生活 10月 <生命の讃歌「正信偈」> 「正信偈」は親鸞聖人の主著『教行信証』の「行巻」の終 […]

教えにふれる読み物

             

2015年04月19日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】喜びのこのいのち ともはらからに

病の身となって13年たったという1人の婦人をたずねた。中風の身であるから足をとられた状態で床についておられた。しかし、そ […]

教えにふれる読み物

             

2015年04月19日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】秋の彼岸におもう

1994(平成6)年 真宗の生活 9月 <秋の彼岸におもう> 彼岸という言葉は春秋二季、何気なしに言いかわされている。「 […]

教えにふれる読み物

             

2015年04月18日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】こころに灯あれば いのちに光あり

こころに灯(ともしび)を、と言われる。私にとって灯とは何であるか。多くの場合、心の灯とはその人のもつ夢のようである。若人 […]

教えにふれる読み物

             

2015年04月18日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】お経はだれのためなのか

1994(平成6)年 真宗の生活 8月 <お経はだれのためなのか> (問) 亡き夫の四十九日法要を勤めた折、僧侶と親族一 […]

教えにふれる読み物

             

2015年04月17日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】わがいのち すべてのものに生かさるる

雪深い山賀家に住むスエばあさんは、毎日、松の葉や椿の小枝をとって仏前にたてて、朝のおまいりをするので、「冬はそんなに早く […]

教えにふれる読み物

             

2015年04月17日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】死んだらどうなる

1994(平成6)年 真宗の生活 7月 <死んだらどうなる> 「このわたしは、死んだら、どうなるんでしょぅか-- 実は、 […]

教えにふれる読み物

             

2015年04月16日

専らこの行に奉え、ただこの信を崇めよ 廣瀬 杲

1999(平成11)年11月28日 高倉会館講演抄録「ともしび」第572号 講師 廣瀬 杲(ひろせ たかし)大谷大学名誉 […]

教えにふれる読み物

             

2015年04月16日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】露のいのちに 真如の月やどる

私の寺は昔から農僧であったらしく、最近まで田畑を耕作していたので、通称寺男(てらおとこ)と呼ぶ人が同居していた。 その寺 […]

真宗教化センター

  • 寺院活性化支援室
  • 青少幼年センター
  • 教学研究所
  • 大谷婦人会
  • 解放運動推進本部
  • 女性室

調べものに

  • 図書:検索
  • 聖教:検索
  • 法話:検索