教えにふれる
読む(⽂章)

ハンセン病はいま

             

2021年04月02日

ハンセン病はいま<274>ハンセン病問題から考える新型コロナウイルス感染症④

世のいのりにこころいれて 山陽教区第七組光明寺前住職 玉光 順正さん   ●命を守るとは  「自分の大切な命、 […]

 
しんらん交流館

ハンセン病はいま

             

2021年03月26日

ハンセン病はいま<273>ハンセン病問題から考える新型コロナウイルス感染症③

コロナ禍の今こそ 社会福祉法人大阪府済生会ハンセン病回復者支援センター コーディネーター  加藤めぐみさん   […]

教えにふれる読み物

             

2021年03月25日

真宗人物伝〈30〉任誓【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から2019年12月にか […]

教えにふれる読み物

             

2021年03月23日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】浄土にめざめる

 浄土にめざめる 著者:宮城 顗 この前、松任(現石川県白山市)の坂木恵定さんから『破局の展開』という書物をいただきまし […]

 
しんらん交流館

ハンセン病はいま

             

2021年03月19日

ハンセン病はいま<272>ハンセン病問題から考える新型コロナウイルス感染症②

恐怖から生れる差別―ハンセン病と新型コロナウイルス感染症― 敬和学園大学人文学部国際文化学科教授 藤野 豊 さん &nb […]

 
しんらん交流館

教えにふれる読み物

             

2021年03月12日

【教えにふれる読み物(お彼岸)】二河の彼岸会

 二河の彼岸会 著者:榊 法存(山形教区皆龍寺住職)     「暑さも寒さも彼岸まで」は日本ならではの言葉。私 […]

教えにふれる読み物

             

2021年02月25日

真宗人物伝〈29〉山崎兵藏【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から2019年12月にか […]

教えにふれる読み物

             

2021年02月23日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】釈尊の目覚めたもの

 釈尊の目覚めたもの 著者:小川一乘(北海道教区西照寺前住職・大谷大学名誉教授) 「私が生きている」のではなく、「生かさ […]

 
しんらん交流館

『聞』

             

2021年02月16日

【教学研究所コラム 聞】「汝はこれ凡夫なり」

「汝はこれ凡夫なり」 (亀谷 亨 教学研究所嘱託研究員)   先日、「感染者を排除する人を排除しない」という言 […]

教えにふれる読み物

             

2021年02月09日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】やり直せなくても生き直すことができる

 やり直せなくても生き直すことができる 著者:梶原敬一(姫路医療センター小児科医長) 念仏者という人の前に立つと、自分の […]

真宗教化センター

  • 寺院活性化支援室
  • 青少幼年センター
  • 教学研究所
  • 大谷婦人会
  • 解放運動推進本部
  • 女性室

調べものに

  • 図書:検索
  • 聖教:検索
  • 法話:検索