教えにふれる
読む(⽂章)

やさしく親しみやすい短編から読み応えのある長編まで、浄土真宗の教えにふれる読み物を掲載しています。

 
しんらん交流館

講演会

             

2022年09月23日

2022年親鸞聖人讃仰講演会の開催について

11月26日から28日の3日間、毎年開催している親鸞聖人讃仰講演会は、大谷ホールでの聴講定員を最大200名とし、感染対策 […]

 
しんらん交流館

教えにふれる読み物

             

2022年09月21日

【教えにふれる読み物(お彼岸)】声を聞く

金沢教区本泉寺 松扉 覚 昔から「便りの無いのは良い便り」といいますが、必ずしもそうではないと思い知ることがありました。 […]

教えにふれる読み物

             

2022年09月06日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】煩悩を断ぜずして 涅槃を得るなり

煩悩を断ぜずして 涅槃を得るなり 法語の出典:『教行信証』行巻『真宗聖典』204頁 本文著者:池田勇諦(同朋大学名誉教授 […]

 
しんらん交流館

『聞』

             

2022年09月01日

【教学研究所コラム 聞】「糧なき時代」

糧かてなき時代 (藤井 祐介 教学研究所嘱託研究員) 又、この国くには、昨年こぞの作物つくりもの、殊ことに損そんじ候いて […]

 
しんらん交流館

教えにふれる読み物

             

2022年08月10日

【教えにふれる読み物(お盆)】胸に残されたもの

胸に残されたもの 著者:藤井眞翔(九州教区西光寺) 今年もお盆をむかえる。歳をかさねるごとにお別れする人が多くなってきて […]

教えにふれる読み物

             

2022年08月09日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】愚かな身のままで救われる

 愚かな身のままで救われる 著者:本多弘之(東京教区本龍寺住職・親鸞仏教センター所長) 本願名号ということの意味について […]

 
しんらん交流館

『聞』

             

2022年08月01日

【教学研究所コラム 聞】「節目-『ともしび』創刊号から七十年」

節目-『ともしび』創刊号から七十年 (松金 直美 教学研究所研究員) 本誌『ともしび』は一九五二(昭和二十七)年、高倉会 […]

教えにふれる読み物

             

2022年07月19日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】自然というは もとより しからしむるという 言葉なり

自然というは もとより しからしむるという 言葉なり 法語の出典:「末燈鈔」『真宗聖典』602頁 本文著者:山田恵文(三 […]

教えにふれる読み物

             

2022年07月05日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】聞というは 如来のちかいの御なを 信ずともうすなり

聞というは 如来のちかいの御なを 信ずともうすなり 法語の出典:「尊号真像銘文」『真宗聖典』513頁 本文著者:義盛幸規 […]

ハンセン病はいま

             

2022年07月01日

ハンセン病はいま<293>

ハンセン病問題解決への視点と課題 福井教区第四組仰明寺住職 蓑輪 秀一 ■私たちが生きる社会を見つめて  今、ハンセン病 […]

 
しんらん交流館

『聞』

             

2022年07月01日

【教学研究所コラム 聞】「問いを同じくする」

問いを同じくする(松下 俊英 教学研究所助手) 大学院に在籍していたころ、なにかをつかもうと経や論を読み進めるのだが、心 […]

教えにふれる読み物

             

2022年06月21日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】法事を勤めるということ

 法事を勤めるということ 著者:伊藤 元(日豊教区德蓮寺前住職) 私たちは、人が亡くなると葬儀を執り行い、そしてその後、 […]

教えにふれる読み物

             

2022年06月09日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】煩は 身をわずらわす 悩は こころをなやますという

煩は 身をわずらわす 悩は こころをなやますという 法語の出典:「唯信鈔文意」『真宗聖典』552頁 本文著者:花園一実( […]

ハンセン病はいま

             

2022年06月01日

ハンセン病はいま<292>

「大谷派を棄ててよかった」の真意に教えられて 岐阜高山教区益田組永養寺住職 旭野 康裕 ■「謝罪」の表現を摸索して四半世 […]

 
しんらん交流館

『聞』

             

2022年06月01日

【教学研究所コラム 聞】「葬儀式に思う」

葬儀式に思う(安藤 義浩 教学研究所嘱託研究員) 葬儀式。礼服に身をつつみ、厳粛な雰囲気のなかで、故人を偲ぶ大切な儀式だ […]

教えにふれる読み物

             

2022年05月24日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】本願を生きる

 本願を生きる 著者:尾畑文正(三重教区泉稱寺前住職) 「極楽」に往生するとはどういうことでしょうか。極楽、つまり浄土の […]

教えにふれる読み物

             

2022年05月10日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】まことの信心の人をば 諸仏とひとしと もうすなり

まことの信心の人をば 諸仏とひとしと もうすなり 法語の出典:「御消息集(善性本)」『真宗聖典』588頁 本文著者:伊東 […]

ハンセン病はいま

             

2022年05月01日

ハンセン病はいま<291>

大谷派と解放運動―ハンセン病問題から見えてきたもの― 「真宗大谷派ハンセン病問題に関する懇談会」広報部会委員 加藤 久晴 […]

もっと見る

 
しんらん交流館

教えにふれる読み物

             

2022年09月21日

【教えにふれる読み物(お彼岸)】声を聞く

金沢教区本泉寺 松扉 覚 昔から「便りの無いのは良い便り」といいますが、必ずしもそうではないと思い知ることがありました。 […]

教えにふれる読み物

             

2022年09月06日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】煩悩を断ぜずして 涅槃を得るなり

煩悩を断ぜずして 涅槃を得るなり 法語の出典:『教行信証』行巻『真宗聖典』204頁 本文著者:池田勇諦(同朋大学名誉教授 […]

 
しんらん交流館

教えにふれる読み物

             

2022年08月10日

【教えにふれる読み物(お盆)】胸に残されたもの

胸に残されたもの 著者:藤井眞翔(九州教区西光寺) 今年もお盆をむかえる。歳をかさねるごとにお別れする人が多くなってきて […]

教えにふれる読み物

             

2022年08月09日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】愚かな身のままで救われる

 愚かな身のままで救われる 著者:本多弘之(東京教区本龍寺住職・親鸞仏教センター所長) 本願名号ということの意味について […]

教えにふれる読み物

             

2022年07月19日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】自然というは もとより しからしむるという 言葉なり

自然というは もとより しからしむるという 言葉なり 法語の出典:「末燈鈔」『真宗聖典』602頁 本文著者:山田恵文(三 […]

教えにふれる読み物

             

2022年07月05日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】聞というは 如来のちかいの御なを 信ずともうすなり

聞というは 如来のちかいの御なを 信ずともうすなり 法語の出典:「尊号真像銘文」『真宗聖典』513頁 本文著者:義盛幸規 […]

教えにふれる読み物

             

2022年06月21日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】法事を勤めるということ

 法事を勤めるということ 著者:伊藤 元(日豊教区德蓮寺前住職) 私たちは、人が亡くなると葬儀を執り行い、そしてその後、 […]

教えにふれる読み物

             

2022年06月09日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】煩は 身をわずらわす 悩は こころをなやますという

煩は 身をわずらわす 悩は こころをなやますという 法語の出典:「唯信鈔文意」『真宗聖典』552頁 本文著者:花園一実( […]

教えにふれる読み物

             

2022年05月24日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】本願を生きる

 本願を生きる 著者:尾畑文正(三重教区泉稱寺前住職) 「極楽」に往生するとはどういうことでしょうか。極楽、つまり浄土の […]

教えにふれる読み物

             

2022年05月10日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】まことの信心の人をば 諸仏とひとしと もうすなり

まことの信心の人をば 諸仏とひとしと もうすなり 法語の出典:「御消息集(善性本)」『真宗聖典』588頁 本文著者:伊東 […]

教えにふれる読み物

             

2022年04月19日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】凡夫は すなわち われらなり

凡夫は すなわち われらなり 法語の出典:「一念多念文意」『真宗聖典』544頁 本文著者:寺本 温(長崎教区真蓮寺住職) […]

教えにふれる読み物

             

2022年04月05日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】留守番か骨董品か

 留守番か骨董品か 著者:平野 修 蓮如上人がおっしゃられたことでよく知られている言葉があります。「聖教はよみやぶれ」、 […]

教えにふれる読み物

             

2022年03月22日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】雑毒の善をもって かの浄土に回向する これ必ず不可なり

雑毒の善をもって かの浄土に回向する これ必ず不可なり 法語の出典:「浄土文類聚鈔」『真宗聖典』416頁 本文著者:青柳 […]

 
しんらん交流館

教えにふれる読み物

             

2022年03月08日

【教えにふれる読み物(お彼岸)】彼岸に会う

北海道教区 名願寺住職 名畑 格 お彼岸の時期には多くの寺院で「彼岸会」の法要が勤まります。「彼岸」とは阿弥陀仏のさとり […]

教えにふれる読み物

             

2022年02月22日

【教えにふれる読み物(今日のことば)】自力の 御はからいにては 真実の報土へ 生るべからざるなり

自力の 御はからいにては 真実の報土へ 生るべからざるなり 法語の出典:「親鸞聖人血脈文集」『真宗聖典』594頁 本文著 […]

教えにふれる読み物

             

2022年02月08日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】迷いの身に気づく

 迷いの身に気づく 著者:藤井善隆(大阪教区即應寺前住職) 仏・法・僧を、三つの宝物、「三宝」といいます。宝といいまして […]

教えにふれる読み物

             

2022年01月18日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】同朋として会う

 同朋として会う 著者:四衢 亮(高山教区不遠寺住職) 同朋の朋という字は、もともと二個一組の貝を意味する文字で、貝を糸 […]

教えにふれる読み物

             

2022年01月04日

【教えにふれる読み物(真宗の生活)】阿弥陀さまとお釈迦さま

 阿弥陀さまとお釈迦さま お釈迦さまは、今からおよそ二千五百年前に、北インドの釈迦族の王子として生まれました。名前をゴー […]

もっと見る

 
しんらん交流館

『聞』

             

2022年09月01日

【教学研究所コラム 聞】「糧なき時代」

糧かてなき時代 (藤井 祐介 教学研究所嘱託研究員) 又、この国くには、昨年こぞの作物つくりもの、殊ことに損そんじ候いて […]

 
しんらん交流館

『聞』

             

2022年08月01日

【教学研究所コラム 聞】「節目-『ともしび』創刊号から七十年」

節目-『ともしび』創刊号から七十年 (松金 直美 教学研究所研究員) 本誌『ともしび』は一九五二(昭和二十七)年、高倉会 […]

 
しんらん交流館

『聞』

             

2022年07月01日

【教学研究所コラム 聞】「問いを同じくする」

問いを同じくする(松下 俊英 教学研究所助手) 大学院に在籍していたころ、なにかをつかもうと経や論を読み進めるのだが、心 […]

 
しんらん交流館

『聞』

             

2022年06月01日

【教学研究所コラム 聞】「葬儀式に思う」

葬儀式に思う(安藤 義浩 教学研究所嘱託研究員) 葬儀式。礼服に身をつつみ、厳粛な雰囲気のなかで、故人を偲ぶ大切な儀式だ […]

 
しんらん交流館

教学研究所

             

2022年06月01日

【教学研究所コラム 慶讃テーマ随想】「誕生をよろこぶ」

「誕生をよろこぶ」(教学研究所研究員・松金直美) 親鸞聖人(一一七三~一二六二)の誕生した月日は四月一日と言われています […]

 
しんらん交流館

『聞』

             

2022年05月01日

【教学研究所コラム 聞】「「鎌倉殿」の千葉常胤と親鸞聖人」

「鎌倉殿」の千葉常胤と親鸞聖人(御手洗 隆明 教学研究所研究員) 今年の大河ドラマは鎌倉時代を舞台とし、鎌倉幕府を合議制 […]

 
しんらん交流館

教学研究所

             

2022年05月01日

【教学研究所コラム 慶讃テーマ随想】「呼応の問い」

「呼応の問い」(教学研究所助手・松下俊英) 「いつか死ぬのになんで生きるんだろう」。大学の授業を担当した時、最後に書いて […]

 
しんらん交流館

教学研究所コラム

             

2022年04月01日

【教学研究所コラム 聞】「心に太陽を持て」

心に太陽を持て(都 真雄 教学研究所助手) 随分、昔に読んで印象に残っている詩があった。その詩の内容が不確かだったことも […]

 
しんらん交流館

教学研究所コラム

             

2022年03月01日

【教学研究所コラム 聞】「親鸞聖人御物語」を聞く

「親鸞聖人御物語」を聞く (難波 教行 教学研究所研究員) 人間にとって究極的に必要なものが4つあります。それは衣・食・ […]

 
しんらん交流館

教学研究所コラム

             

2022年03月01日

【教学研究所コラム 慶讃テーマ随想】「たもちやすく、となえやすき」

「たもちやすく、となえやすき」(教学研究所助手・藤原智) 十年以上前だろうか、老人介護施設へ親戚のお見舞いに行ったときの […]

 
しんらん交流館

教学研究所コラム

             

2022年02月01日

【教学研究所コラム 聞】「おばあちゃんからの贈り物」

おばあちゃんからの贈り物(三池 大地 教学研究所助手) 祖母は、私をやさしく愛しんでくれた。私が幼稚園へ通っているとき、 […]

 
しんらん交流館

教学研究所

             

2022年01月28日

【教学研究所長コラム】彼の国に生まれんと願え

彼の国に生まれんと願え 現代の危機 去る四月四日、宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要お待ち受け記念講演 […]

 
しんらん交流館

教えにふれる読み物

             

2022年01月01日

【教学研究所コラム 聞】「たずねきたらしめたまう御こころざし」

たずねきたらしめたまう御こころざし(松林 至 教学研究所嘱託研究員) 学生を終え、生まれ育った三河に戻った年の初夏、京都 […]

 
しんらん交流館

教学研究所

             

2022年01月01日

【教学研究所長コラム】仏法を示すこと仏のごとくせん

仏法を示すこと仏のごとくせん   立教開宗の願いに帰る 宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要まで、あと一 […]

 
しんらん交流館

教学研究所コラム

             

2021年12月01日

【教学研究所コラム 聞】「人との出会い」

人との出会い (名畑 直日児 教学研究所研究員) 毎月、滋賀県で開かれる、ある聞法会に参加している。午前中は、かつてその […]

 
しんらん交流館

教学研究所

             

2021年12月01日

【教学研究所コラム 慶讃テーマ随想】「存在を祝う言葉」

「存在を祝う言葉」(教学研究所研究員・中山善雄) もうはるか以前のことになりますが、ある若い夫婦がお子さんを授かりました […]

 
しんらん交流館

教学研究所コラム

             

2021年11月01日

【教学研究所コラム 聞】「真実・方便ということ」

真実・方便ということ (楠 信生 教学研究所長) かつて、ある先生から、「方便」のサンスクリット語「ウパーヤ」について「 […]

 
しんらん交流館

教学研究所

             

2021年10月01日

【教学研究所コラム 慶讃テーマ随想】「得度」

「得度」(教学研究所研究員・名畑直日児)   寺院に生まれ育ったわけではないということもあり、私自身が真宗大谷 […]

もっと見る

ハンセン病はいま

             

2022年07月01日

ハンセン病はいま<293>

ハンセン病問題解決への視点と課題 福井教区第四組仰明寺住職 蓑輪 秀一 ■私たちが生きる社会を見つめて  今、ハンセン病 […]

ハンセン病はいま

             

2022年06月01日

ハンセン病はいま<292>

「大谷派を棄ててよかった」の真意に教えられて 岐阜高山教区益田組永養寺住職 旭野 康裕 ■「謝罪」の表現を摸索して四半世 […]

ハンセン病はいま

             

2022年05月01日

ハンセン病はいま<291>

大谷派と解放運動―ハンセン病問題から見えてきたもの― 「真宗大谷派ハンセン病問題に関する懇談会」広報部会委員 加藤 久晴 […]

ハンセン病はいま

             

2022年04月01日

ハンセン病はいま<290>

演劇「空白のカルテ」からハンセン病を学ぶ 劇団名古屋 谷川 伸彦  「いつかハンセン病をテーマにしたお芝居を創りたい!」 […]

ハンセン病はいま

             

2022年03月01日

ハンセン病はいま<289>

映画「一人になる」―高橋一郎監督、鵜久森典妙プロデューサーを追悼する― 「一人になる 医師小笠原登とハンセン病強制隔離政 […]

ハンセン病はいま

             

2022年02月01日

ハンセン病はいま<288>

 いまだ新型コロナウイルスの影響が残る中ですが、交流の形を模索しながら、ハンセン病回復者やその家族の方々との交流が各地で […]

ハンセン病はいま

             

2022年01月01日

ハンセン病はいま<287>

あらたに生み出されたハンセン病隔離政策被害「明治三十二年 癩病患者並血統家系調」の流出について 「真宗大谷派ハンセン病問 […]

ハンセン病はいま

             

2021年12月01日

ハンセン病はいま<286>療養所を訪ねて

療養所を訪ねて⑪沖縄愛楽園 「真宗大谷派ハンセン病問題に関する懇談会」第6連絡会委員 徳元 尚太  10万人当たりの新型 […]

ハンセン病はいま

             

2021年11月01日

ハンセン病はいま<285>療養所を訪ねて

療養所を訪ねて⑩奄美和光園 「真宗大谷派ハンセン病問題に関する懇談会」第5連絡会委員 福田 恵信 ■南の島との交流  鹿 […]

ハンセン病はいま

             

2021年09月01日

ハンセン病はいま<283>療養所を訪ねて

療養所を訪ねて⑥長島愛生園 「真宗大谷派ハンセン病問題に関する懇談会」第4連絡会委員 發知 道隆      岡山県瀬戸内 […]

ハンセン病はいま

             

2021年08月01日

ハンセン病はいま<282>療養所を訪ねて

療養所を訪ねて④多磨全生園 「真宗大谷派ハンセン病問題に関する懇談会」第2連絡会委員 旦保 雅人      東京都東村山 […]

ハンセン病はいま

             

2021年07月01日

ハンセン病はいま<281>療養所を訪ねて

療養所を訪ねて②東北新生園 「真宗大谷派ハンセン病問題に関する懇談会」第1連絡会委員 磯崎信光      仙台教区内には […]

ハンセン病はいま

             

2021年06月01日

ハンセン病はいま<280>療養所を訪ねて

療養所を訪ねて①松丘保養園 「真宗大谷派ハンセン病問題に関する懇談会」第1連絡会委員 本間 義敦      奥羽教区で毎 […]

ハンセン病はいま

             

2021年05月01日

ハンセン病はいま<279>

「感染症法」等の改正に抗う─「二度と同じ過ちを繰り返さないでほしい」という願いへの呼応─  「真宗大谷派ハンセン病問題に […]

ハンセン病はいま

             

2021年04月24日

ハンセン病はいま<278>家族訴訟は今③

  向けられている願い 「真宗大谷派ハンセン病問題に関する懇談会」第5連絡会チーフ 福田了樹   ● […]

ハンセン病はいま

             

2021年04月23日

ハンセン病はいま<277>家族訴訟は今②

 2016年、国のハンセン病隔離政策のため、患者の家族も差別や偏見の被害を受けたとして、家族らが国に謝罪と損害賠償を求め […]

ハンセン病はいま

             

2021年04月16日

ハンセン病はいま<276>家族訴訟は今①

 2019年6月28日、ハンセン病家族訴訟において、ハンセン病問題において家族にまでおよぶ被害を隔離政策による国の責任と […]

ハンセン病はいま

             

2021年04月09日

ハンセン病はいま<275>小笠原登 医療の原点として

 医師として、国家公務員として、僧として、ハンセン病問題と闘った小笠原登師。その事績をたずねた映画を制作しておられる、映 […]

もっと見る

教えにふれる読み物

             

2021年07月25日

真宗人物伝〈33〉乗如上人【すばる】

京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から2019年12月にかけ […]

教えにふれる読み物

             

2021年06月25日

真宗人物伝〈32〉松田甚左衛門【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から2019年12月にか […]

教えにふれる読み物

             

2021年04月25日

真宗人物伝〈31〉長門円空【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から2019年12月にか […]

教えにふれる読み物

             

2021年03月25日

真宗人物伝〈30〉任誓【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から2019年12月にか […]

教えにふれる読み物

             

2021年02月25日

真宗人物伝〈29〉山崎兵藏【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から2019年12月にか […]

教えにふれる読み物

             

2021年01月25日

真宗人物伝〈28〉南伝右ヱ門【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から2019年12月にか […]

教えにふれる読み物

             

2020年12月25日

真宗人物伝〈27〉安丸良夫【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から2019年12月にか […]

教えにふれる読み物

             

2020年11月25日

真宗人物伝〈26〉円乗院宣明師【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から2019年12月にか […]

教えにふれる読み物

             

2020年10月25日

真宗人物伝〈25〉棟方志功【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から2019年12月にか […]

教えにふれる読み物

             

2020年09月30日

真宗人物伝〈24〉易行院法海師【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から2019年12月にか […]

教えにふれる読み物

             

2020年08月25日

真宗人物伝〈23〉名苗新十郎【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から2019年12月にか […]

教えにふれる読み物

             

2020年07月25日

真宗人物伝〈22〉大草恵実【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から2019年12月にか […]

教えにふれる読み物

             

2020年06月25日

真宗人物伝 〈21〉七条村道場左近右衛門【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から月1回、『すばる』と […]

PICK UP

             

2020年05月25日

真宗人物伝 〈20〉松金憲雄【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から月1回、『すばる』と […]

PICK UP

             

2020年04月25日

真宗人物伝〈19〉光遠院恵空師【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から月1回、『すばる』と […]

教えにふれる読み物

             

2020年03月25日

真宗人物伝〈18〉住田智見【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から月1回、『すばる』と […]

教えにふれる読み物

             

2020年02月27日

真宗人物伝〈17〉香月院深励師【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から月1回、『すばる』と […]

教えにふれる読み物

             

2020年01月30日

真宗人物伝〈16〉関根仁応【すばる】

-京都教区の大谷大学卒業生が中心となって結成された「京都大谷クラブ」では、1956(昭和31)年から月1回、『すばる』と […]

もっと見る

 
しんらん交流館

その他の読み物

             

2020年01月01日

【教学研究所コラム 宗祖の言葉に学ぶ】念仏もうさんとおもいたつこころのおこるとき、すなわち摂取不捨の利益にあずけしめたまうなり

宗祖の言葉に学ぶ 念仏もうさんとおもいたつこころのおこるとき、 すなわち摂取不捨の利益にあずけしめたまうなり。 (『歎異 […]

その他の読み物

             

2015年10月21日

フリーペーパー『MON』(聞・門)を発行【MON】

真宗本廟(東本願寺)には、国内からだけでなく外国からもたくさん参拝されます。近年外国人参拝者が非常に多くなってきたことか […]

その他の読み物

             

2015年08月24日

「正業 ー 正しい行い」 小川一乘著

この度、『正業―正しい行い』(みちしるべ-八正道シリーズ)が、仏教伝道協会から発行されました。著者は、大谷大学元学長・名 […]

その他の読み物

             

2015年07月29日

「漫画で読む高木顕明」発行!!

  明治時代、和歌山県新宮市で非戦平等を願い続けた僧侶、高木顕明(淨泉寺第12代住職)という方をご存じでしょう […]

その他の読み物

             

2015年06月20日

僧伽 私どもは御開山の御同朋です【人権週間ギャラリー】

 1922年3月全国水平社は誕生と同時に、東西両本願寺教団に対して「募財拒否」を行っています。部落大衆の「貧困」が理由で […]

その他の読み物

             

2015年06月19日

法難 国を問う【人権週間ギャラリー】

 宗祖親鸞聖人七百回御遠忌法要の円成を期として発示された教書に基づき、1962年に真宗同朋会運動は始まりました。戦後の日 […]

その他の読み物

             

2015年06月18日

改憲問題と真宗(下)~真宗門徒が選ぶべき憲法は本願国家宣言~・平川 宗信【南御堂】

武力でなく本願力恃み 日本国憲法は、前文第二段で、次のように宣言しています。 【日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互 […]

その他の読み物

             

2015年06月18日

改憲問題と真宗(上)~本願に願われた世界を目指し~・平川 宗信【南御堂】

改憲すれば別の国家に このところ、改憲の動きが活発化しています。自由民主党は、一昨年4月に「日本国憲法改正草案」(以下、 […]

その他の読み物

             

2015年06月17日

糾弾 大いなる悲しみと願い【人権週間ギャラリー】

 「あんた人間忘れたんどこで忘れたん、人間忘れたん」 19 8 9年5月22日、東本願寺白書院で行なわれた、部落解放同盟 […]

その他の読み物

             

2015年05月30日

人間と自己【金子大榮集】

先年、北海道である青年に仏教をわかりやすくと要求されて、「何よりもわかりやすいことは、自分も死ぬ人間の一人である」と書い […]

その他の読み物

             

2015年05月28日

ひとしずくの心【『親鸞の詩が聞こえる―エッセンス正信偈―

一冊の本が静かなブームを呼んでいる。題名は『ハチドリのひとしずく』。それは南アメリカの先住民に伝わる小さな物語から始まる […]

その他の読み物

             

2015年05月27日

供養ってなに?【「なぜ?」からはじまる歎異抄】

〈歎異抄(第五条)〉 一 親(しん)鸞(らん)は父(ぶ)母(も)の孝(きょう)養(よう)のためとて、一(いっ)返(ぺん) […]

その他の読み物

             

2015年05月26日

お墓~先だっていかれた方と出遇う場~【真宗の仏事】

墳(ふん)墓(ぼ)の地といえば、そこには先祖のお墓があり、やがて自分もそこに納められる場所として、また先祖のさまざまな恩 […]

その他の読み物

             

2015年05月25日

念仏の人に遇い、念仏申すわが身に遇う・藤谷 純子【心に響く法話シリーズCD】

自分の存在の重さに押し潰されそうになり、ある夜フラフラと信國(のぶ くに)淳(あつし)先生のお宅を訪ねていました。お部屋 […]

その他の読み物

             

2015年05月25日

本願とは【ひだ御坊】

私たちは、自分の物差しで周りと自分とを比較して生きている。そのため、常に状況に振り回されて、自分だけ出遅れたり取り残され […]

その他の読み物

             

2015年05月22日

なぜ悲しみを悲しみきれないのか【仏教の視点から】

鴨(かもの)長(ちょう)明(めい)の『方(ほう)丈(じょう)記(き)』には、一一八五(元暦(げん りゃく)二)年に起きた […]

その他の読み物

             

2015年05月21日

自分の思いどおりにならないと生きていることが喜べない・中川皓三郎【伝道ブックス】

ある東京のお医者さんが、次のようなことを新聞に書いておられました。 大学受験ということで、一所懸命、夜遅くまで勉強してい […]

その他の読み物

             

2015年05月20日

仏壇と塵箱・廣瀬 杲【真宗生活入門講座】

あるお寺の掲示伝道板に、こういう言葉が書いてありました。 「仏壇と塵(ちり)箱(ばこ)を見れば、その家の家風がわかる」 […]

もっと見る

浄土真宗入門コラム
正信偈の教え
コラム
仏教語だったの?

真宗教化センター

  • 寺院活性化支援室
  • 青少幼年センター
  • 教学研究所
  • 大谷婦人会
  • 解放運動推進本部
  • 女性室

調べものに

  • 図書:検索
  • 聖教:検索
  • 法話:検索